トップメッセージ会社情報|Corporate Profile

『移動に自由を。人に笑顔を。』



 当社の源流は1920年に神戸に設立された川西機械製作所※まで遡ります。同社は繊維機械、航空機を事業の柱とし、その後分離解散され、当社の前身である神戸工業が誕生しました。神戸工業は真空管・半導体など新技術の導入、開発を進め、商標に「TEN」を用いた製品は技術的に高い評価を受けていました。その後、自動車の排出ガス低減に貢献する制御システムの開発など、各時代の先進技術を積極的に取り入れながら、社会課題に取り組んできました。当時の真空管の商標「テン」が現在の社名にも繋がっていますが、「テン」は最高・至上の「天」を意味しており、「商売は誠実に」「商品は至高無上のものを作ろう」という想いが込められています。この想いは当社の社是『誠は天の道なり』として受け継がれ、言わば世のため人のための精神であり、現代のSDGsにも通じる当社のDNAです。


 私たちは、これまでカーエレクトロニクスメーカーとして、カーナビゲーションやドライブレコーダー、そしてハイブリッドシステムの電子制御装置など、クルマの価値を高める製品を手掛けてきました。「CASE」「MaaS」といった新たな領域で競争はますます激化し危機感を持っていますが、私たちにとっては大きなチャンスでもあります。


 社会が大きく変化している中で、新たに「VISION2030」を策定しました。2030年に向けて、既存事業を発展させつつ、新領域として人やクルマなどモビリティのデータを集約・活用し価値あるサービスの提供を推進します。今後はカーエレクトロニクスメーカーという現状に落ち着くことなく、人・モノ・モビリティなど、あらゆる"移動"における困りごとを解決する『モビリティソリューションパートナー』として、未来のモビリティ社会に必要不可欠な企業を目指します。大きく変わろうとしているデンソーテンに、どうぞご期待ください。引き続き、皆様の変わらぬご指導・ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

※当社は川西機械製作所の真空管・通信機事業を受け継いでいます。

株式会社デンソーテン 代表取締役社長

加藤 之啓

  

トップメッセージ動画