DENSO TEN

監督メッセージ

現状に甘んじることなく攻め続け、
さらにパワーアップした姿をお見せします

いつもデンソーテン レッドフェニックスを応援いただき、誠にありがとうございます。

昨シーズンは、夏までは大一番で弱さが出て勝つことができず、苦しい状況が続きました。そこで根本的な見直しを図るため、基本練習やミーティングを重ねました。個々の成すべきことを明確にすることでミスが減り、徐々に自信がついてチームもひとつにまとまっていったように思います。この取り組みが奏功したのか、シーズン後半は、全国大会において9年ぶりに2冠を達成することができました。

試合同様に力を入れている地域・社会への貢献活動においては、2007年の活動開始からこれまでで、約13,000人の方にバレー教室にご参加いただきました。これらの活動が表彰されたりメディアに取り上げられることも増え、大変光栄に思います。ただし、大切なのはあくまで参加者の皆さまに楽しんでいただくために全力で取り組むことです。当日の笑顔はもちろん、後日いただくお手紙や皆さまからの応援は、選手にとっても大きな励みになっています。

勝つ喜びを知った選手たちは、練習にも前向きに取り組んでいます。今シーズンも守りに入らず、もっともっと攻めていこうという決意を込め、「攻めちぎる。2020」をスローガンに掲げました。さらにパワーアップした『やって楽しい、見て楽しいバレー』に、どうぞご期待ください。

今年も温かいご声援をよろしくお願いいたします。