健康経営会社情報|Corporate Profile

従業員の健康づくり

基本的な考え方

心身の健康増進は、従業員とその家族の幸せにつながるとともに、従業員がいきいきと働くための源となります。

 デンソーテンは、従業員の健康増進を経営課題の一つと位置づけ、2018年7月に「健康宣言」を発表するとともに、健康増進に向けた従業員の意識向上と職場での活動促進を図るため、心身両面の健康施策の充実に取り組んでいます。

デンソーテングループ健康宣言


心身ともに健康であることは、従業員一人ひとりの幸せと家族の幸せにつながります。

心身ともに健康であることは、職場の人間関係を円滑にし、組織活性化の推進力となります。

心身ともに健康であることは、笑顔と情熱を生みだし、人を惹きつける元気な会社づくりの原動力となります。

デンソーテングループは、従業員一人ひとりが元気でやりがいを持って働き、定年後も豊かな人生を送ることができるように、基盤となる健康づくりを支援していきます。

みなさん自らも生活習慣を見直し、疾病予防・健康増進の活動に取り組んでいきましょう。


【健康三訓】※健康に対する心構え

一. 仕事よりも健康優先

二. 休むことも仕事の一つ

三. 頑張ることは大切、頑張れる体はもっと大切 

2019年7月

株式会社デンソーテン 代表取締役社長

加藤 之啓

重点健康施策

会社とともに一人ひとりが健康への第一歩を踏み出し、組織の健康レベルも向上していけるよう、次の3つに重点を置き、健康施策を推進します。


■一人ひとりの健康意識の向上

 各種セミナーの開催や、健康情報通信「Santé(サンテ)」の発行(毎月)、健康診断時の保健指導など、ヘルスリテラシー(健康意識)の向上と病気の予防に重点を置いた活動を推進します。


■健康を軸にした職場活性化

 職場単位で「健康ミーティング」を毎月開催したり、生活習慣改善テーマを自ら選択しチャレンジする「いきいき健康チャレンジ」を開催しています。職場の仲間とともに楽しく活動し、コミュニケーションを活性化させることで、職場の健康レベル向上と、互いの健康を気づかい合える風土の醸成を図ります。


■会社全体をより働きやすい環境に

 年齢や性別、国籍を問わず、すべての社員がより働きやすい制度の導入や、働き方改革の施策など、多様な人材が輝く元気な職場環境づくりに努めていきます。

推進体制

健康推進室や安全衛生委員を中心としたメンバーで「健康協議会」を組織し、全社的に健康施策を推進しています。


[推進体制図]

株式会社デンソーテン 健康経営 推進体制図

主な取り組み

 2018年度から、全社課題の一つとして「健康経営【注】の取り組み」を掲げ、全社的な推進体制の強化と、従来から実践している健康づくり活動の充実に努めています。

【注】健康経営はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。

生活習慣病対策


(1)メタボリックシンドローム対策の推進

 メタボリックシンドローム該当者に対して、生活習慣病の予防対策として、社内専門スタッフによる特定保健指導を就業時間に受講できる体制を整えています。

[特定保健指導実施状況]

2016年度

2017年度

2018年度

2019年度

指導対象者数

250人

242人

246人

331人

BMI改善率

56.7%

59.3%

51.6%

51.8%


(2)若年者向け健康支援

 従業員の健康意識向上と疾病予防に向けては、できるだけ若いうちに生活習慣リスクを適切に理解し、自身の健康についてじっくり考えることが大切です。デンソーテンでは、新卒入社時、27歳および30歳到達時に、運動、食事、メンタルヘルスの3つを軸とした実践型の研修(ヘルスアップセミナー)を実施しています。

健康意識向上に向けた支援活動の実施



[ヘルスアップセミナー実施状況]

2016年度

2017年度

2018年度

2019年度

参加者数

延べ 556人

延べ 594人

延べ 594人

延べ 439人

BMI改善率

87.1%

87.1%

94.3% (参加率)
87.1% (習慣改善率)

94.4% (参加率)
87.6% (習慣改善率)

喫煙対策

喫煙率の低減活動

 喫煙による健康障害のリスク低減と受動喫煙防止を促進するため、喫煙対策の取り組みを進めています。喫煙環境の改善(屋内喫煙場の廃止)や禁煙イベント/セミナーの開催、禁煙外来の導入、毎月22日の禁煙デー(スワンスワンデー)など、様々なアプローチによる活動を展開しています。

[喫煙率の推移] ※数字は本社地区のみ

喫煙率推移

▶更なる低減を図るとともに、受動喫煙の防止に繋がる対策が必要と考え、20年度下期より、就業時間内の禁煙を実施します。※国内デンソーテングループにも展開

メンタルヘルス対策

メンタルヘルス不調者を早期発見し、早期にケアを開始するため、様々な施策を推進しています。


(1)「こころの相談窓口」の設置

 常時、専任の医療スタッフが相談対応できる体制を整え、職場と密接に連携した支援をしています。


(2)ストレスチェックの実施と事後対応

 労働安全衛生法改正に先駆けて、2005年度からストレスチェックを受けられる環境を整備しています。個人への結果報告に加え、職場には集団分析結果をフィードバックし、従業員の心の健康づくりをサポートしています。高ストレス者には個別面談を実施し、早期にケアできるよう取り組んでいます。

[ストレスチェック実施状況] ※国内正規従業員

2016年度

2017年度

2018年度

2019年度

実施者数

2,829人

2,772人

2,793人

3,739人

実施率

91.1%

92.4%

90.0%

90.4%


(3)復職支援制度の整備

 長期休業から復職する従業員が円滑に職場復帰できるよう、産業医および専任スタッフと職場(上司)が密接に連携したサポート体制を整えています。
※復職支援プラン書を上司と本人で段階に分けて業務計画を作成し、段階ごとに面談を実施、計画に対する評価と体調評価を実施しています。業務計画は、復職時は本来の業務量・質の60%で設定、6カ月後に100%に戻せるように立案します。


(4)メンタルヘルス研修

 産業医による管理者向けの事例研修を中心に、2015年度にスタートしました。2018年度からは、さらなるセルフケアの強化および不調者の早期発見・早期対応をねらいに、対象を一般社員(指導者レベル)に拡大して開催しています。

[管理者向け研修実績](2015~2019年度)

受講者数
受講率

834人
(85.9%)

研修回数

22回

研修時間

グループワーク:120分/回
集合研修:80分/回

自立的な健康づくりの促進

(1)健康度の見える化

従業員一人ひとりが、アンケートから得た健康行動や健康診断データから算出された自分の健康度を確認できる仕組みを取り入れています。全社平均・同年代との比較や要改善点(取り組むべき生活行動のアドバイスなどを通知し、生活習慣を変えるヒントを提供しています。

(2)「いきいき健康チャレンジ」の実施

プログラムガイド(冊子)から自分が3ヶ月取り組むコースを選択、実践を通じて、生活習慣改善のポイントを修得します。

いきいき健康チャレンジ


(3)健康意識向上に向けた支援活動の実施

外部講師を招き、定時後に希望者を対象にフィジカルやメンタルヘルスに関する健康講演会等を開催しています。

健康意識向上に向けた支援活動の実施

女性特有の健康課題の取り組み

女性従業員が、自分の体の変化を意識し疾病対策を図るとともに、上司が女性特有の健康問題を理解しマネジメントの一助となることを目的に開催しています。

感染症対策

デンソーテンでは従業員を感染症から守るため、情報提供などの対策を実施しています。感染症の予防対策として、季節性インフルエンザ予防接種費用の半額補助、海外赴任者への赴任先に応じての予防接種の推奨(会社負担)を実施しています。

【新型コロナウイルス対策の取り組み】

新型コロナウイルスの感染拡大予防の徹底を図っています。

(1)出社時の主な感染リスク対策

・職場での体調不良の方の毎日確認と医療スタッフによるフォロー

・出社の制限(PCR検査等の受検者、濃厚接触者、海外帰国者)

・Webによる会議、打合せ、研修の実施

・柔軟な勤務制度の継続(テレワーク、フレックス制度、シフト勤務、フレックスカレンダーの利用)

・接触確認アプリ(COCOA)の活用


(2)職場環境の整備(例)

・就業場所での2mの距離確保

・換気の徹底

・社内食堂では対面で座らずに座席間の距離を確保(2m以上)、座席の番号管理を実施


(3)その他

・従業員、家族へのマスクの配布

社外評価

デンソーテンは、従業員が心身ともにいきいきと働くことができる環境づくりと健康増進活動に取り組んできました。その結果、経済産業省と日本健康会議が選定する「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)~ホワイト500~」に3年連続で認定されました。

健康経営優良法人2020(大規模法人部門)~ホワイト500~

今後の活動

従業員が健康でいきいきと働き続けられる企業風土を醸成するため、健康的なライフスタイルの形成に向けた支援を継続するとともに、安心安全で働きがいのある職場環境づくりに努めます。