製品情報お客様サポート会社情報
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. 2019年
  4. タクシー業務クラウドサービスに対応した車載タブレット用システムを構築
  5. 2019年

タクシー業務クラウドサービスに対応した車載タブレット用システムを構築

タクシー業務クラウドサービスに対応した車載タブレット用システムを構築

  自動車用電子機器を開発・製造・販売する株式会社デンソーテン(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:岩田 悟志)と、その販売子会社である株式会社デンソーテン販売(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:佐藤 裕彦)は、タクシー事業者様向けビジネスにおいて、日々データを蓄積し常に進化を続ける、サービス連携プラットフォームをベースに、事業者様の成長に貢献するソリューションの提案力を強化してまいります。
 その一環として、車載タブレットも接続可能なクラウド型業務システムの事業者様への納入を2019年1月より開始しました。

◆事業者様が抱える課題の解決に寄与

 タクシー業界は地域社会の移動ニーズに応える重要な交通機関として「安心・安全かつドアtoドアで人の輸送」を担ってきました。昨今は、このような基本的な機能に加え、少子高齢化の進展や訪日外国人の増加による需要構造の変化、スマートフォンに対応した配車アプリケーションの導入、クレジットカード・交通系ICカード・QRコードなど様々なキャッシュレス決済手段への対応、ライドシェアの活性化など取り巻く環境がかつてないほど大きな変化に見舞われています。併せて事業者様に求められる機能・サービスも高度化する一方です。そのような状況においては各事業者様専用の配車(コール)センターやサーバー、車載システムを進化させる従来型の方法ではスピードやコスト、使いやすさの面で対応が困難になってきました。
 デンソーテングループでは今回構築した仕組みを提案して事業者様が抱えるこのような課題の解決に寄与してまいります。


◆アプリケーションの更新・追加で新機能・サービスをスピーディーに導入

アプリケーションの更新・追加で新機能・サービスをスピーディーに導入

 このたび、車載システム側に汎用のタブレットを採用することにしました。事業者様はタブレットにインストールされているアプリケーションの更新や追加だけで新機能・サービスを導入できます。
 タブレットを搭載することで別体となっていたナビ、無線機、ECUなどを集約することが可能となり車室内をスッキリさせられる、という効果も見込まれます。
 選定に際しては堅牢さとともにプラットフォーム(クラウドセンター)との相性を考慮。その上で、事業者様ごとに最適なタブレットを組み込んだ有用なパッケージを用意・提案してまいります。
 システムインテグレーターとして外部パートナーとの連携も活用しながらタブレットの強みを最大限に生かす仕組みを構築し多様化するニーズにスピーディーに対応できる体制を整えました。

◆CASEの領域を強化~多彩なラインアップを提案~

 デンソーテングループでは自動車産業で急速に進展する「CASE」(Connected・Autonomous・Shared・Electric)の動向を着実に捉えつつグループ各社の情報・通信技術を駆使した「Vehicle-ICT」に取り組んでいます。あらゆるクルマがネットワークにつながる時代を見据えたコネクティッド事業への取組強化もその一環です。
 1950年代にタクシー用無線機を開発して以来、1996年に自動配車システム、2003年にデジタル配車システム、2015年にクラウド型配車システムを開発するなど60年以上にわたりノウハウを蓄積し進化を遂げてきたタクシービジネスにおいてもコネクティッド事業への取り組みを強化しています。
 優れた技術力に裏打ちされた高いシェアを誇る同ビジネスにおいては日々データが蓄積されている「クラウド型タクシー配車システム」をプラットフォームに、スマートフォンのアプリケーションや、タブレットなど様々な車載機器も絡めた多彩なラインアップを整え、新規ならびに更新ビジネスの獲得を目指しています。
 今後もICTを活用し、人とタクシー、社会とタクシーの架け橋となり、すべての人に自由で快適な「移動体験」を提供してまいります。


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

【報道関係お問い合わせ先】
(株)デンソーテン コーポレートコミュニケーション室
TEL:078-682-2170/お問い合わせフォームはこちら

商品・サービスに関するお問い合わせ先はこちらをご覧ください。

ご参考)ご採用いただいた帝都自動車交通株式会社様プレスリリース