製品情報お客様サポート会社情報
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. 2016年
  4. 富士通テン 社内レコーディングスタジオ収録の音楽CDが100枚突破
  5. 2016年

富士通テン 社内レコーディングスタジオ収録の音楽CDが100枚突破
~若手ミュージシャンの音楽支援活動~

スタジオfでレコーディングした音楽CD、100枚(スタジオfにて)

スタジオfでレコーディングした音楽CD、100枚(スタジオfにて)


    富士通テン株式会社(本社:兵庫県神戸市 代表取締役社長:山中 明)の社内レコーディングスタジオ「スタジオf(フォルテ)」で収録された音楽CDが、2016年5月発売のCDアルバム(北牧チカさん「Spring Blooming」)をもって、通算100枚を突破しましたのでお知らせします。

 富士通テン本社「音響開発センター」※1内にある「スタジオf」では、車載スピーカーやホームオーディオシステムなど音響機器の製品開発に活かすため、音づくりに関する評価精度・効率アップのためのオリジナル評価音源や車載用のオリジナル音楽ソフト作成等を行っています。また、それらの評価用音源の作成を兼ねて、若手ミュージシャンのレコーディング支援※2を行っており、2016年5月発売のCDアルバム(北牧チカさん「Spring Blooming」)をもって、同スタジオでのレコーディングCDが通算100枚を突破しました。

【これまでのレコーディングCD例】

・越智順子さん「I want you」(2004年)
・北浪良佳さん「Love Me Tender」(2012年)
・里村 稔さん「Fall」(2014年)
・MASAX-274「MASAX-274」(2016年)
・北牧チカさん「Spring Blooming」(2016年)など


注釈

※1 音響開発センター:“音そのものの研究”から“クルマおよびホームのより良い音づくり”に至るまで
            音の評価・解析、研究開発が可能な総合音響開発施設。1990年設立。
※2 レコーディングの様子は、当社運営の音楽情報サイト「KOBEjazz.jp」(http://kobejazz.jp/)でご紹介しています。

 富士通テンは、『音を通じて社会に貢献する』という考えの下、カーオーディオやホームスピーカーの製造販売など音に携わる企業として培ってきた『音響技術』や従業員による自主音楽活動が盛んな『企業風土』を生かし、特に地元神戸でのコンサート協力・協賛、楽器寄贈、若手ミュージシャンのレコーディング支援などを行っています。



これまでのレコーディングの様子はこちらをご覧ください。
(富士通テンが運営する音楽情報サイト「KOBEjazz.jp」へリンクします)


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。