TOPBUSINESS > AE事業

AE事業AE事業

AE事業とは

AE事業では環境安全分野の制御系製品/システムの開発を行い、主にECU(Electronic Control Unit=電子制御装置)を生産しています。1973年に排出ガス制御用電子機器の生産を始めたのがこの分野のスタートで、1981年にはトランスミッションECU、1983年からはエンジン制御ECUの生産を開始。以後、電動式パワーステアリング用、エアバッグ用、ハイブリッド車向けなど各種ECUの開発・生産を手がけ、これまでに累計1億台以上の制御系ECUを生み出してきた実績があります。

自動車業界は今、大きな転換期を迎えていますが、AE事業では、これまでの多種多様な制御系製品の開発知見を活かし、「電動化」に注力することでこの波を乗り越えたいと考えます。 EV(電気自動車)などの次世代自動車の基幹となる電動化製品(EV制御ECU、バッテリーマネージメントECU、充電制御ECUなど)の開発を進め、車両メーカーの多様な電動化ニーズに応えることで「地球環境にやさしいクルマづくり」に技術で貢献するのが当社のビジョンです。同時に車両メーカーへの提案領域をECU単体からシステムへと広げ、当社ならではの存在価値を発揮することを目指します。

開発事例

充電制御ECU 私たちは各国のスタンド挙動調査・制御開発・現地でのスタンドマッチング試験に取り組み、世界各国の充電規格と多種多様な充電スタンドに対応したECUを開発、エンドユーザーに安全・快適な充電環境を提供しています。
また、ワイヤレス充電、走行中充電などの新たな充電方式の対応に向けて開発を進めています。

pic

バッテリーマネージメントECU 過酷な環境下にも耐えられる製品を開発し、2018年のル・マン24時間耐久レースの優勝に貢献しました。

pic

IWM(インホイールモーター)
シリーズHEVシステム
試作車を仕立てIWMの特徴を活かした制御を開発、 燃費規制強化に伴う燃費性能改善に向けたシステム提案を進めています。

pic

クルマの未来を支える、
車両メーカーのパートナー

長年のECU開発による豊富な知見、業界に先駆けて自動車産業の国際的な品質マネジメントシステム規格「ISO/TS16949」の認証を取得したほか、自社開発HILS(CRAMAS)を用いた評価により早期にECU品質を確保しているのが当社の強みです。また、これまでの知見・技術により様々な制御システムの開発・設計・評価を可能にすることで車両メーカーの電動化ニーズに貢献しています。まさに、車両メーカーの信頼できるパートナーとしての地位を確立しているのがデンソーテン。私たちはこれからも車両メーカーとともに、クルマの未来を支える企業としてさらなる成長を目指します。

自動運転時代を支えるデンソーテン 最先端の車両システム開発に挑む若手エンジニアたち