株式会社デンソーテン(以下、デンソーテン)は社有車などに向けて、通信型ドライブレコーダー「G500Lite」のサービスを提供している。クラウドサーバーと連携し、車載器から録画したヒヤリハット映像をAIが自動で抽出する機能などが特徴だ。

社有車が交通事故を起こすと、人的・物的な損害だけでなく、会社の信用失墜にもつながる。そのため、各企業はドライブレコーダーなどの機器を導入し、交通事故の防止・削減に努めている。

しかし、事故を減らすためにはただ「録画する」以外の行動も必要になる。導入した機器の多様な機能を会社のニーズに合わせて使いこなすことも重要だが、並行して社内の取り組み体制を整備することも同等に重要だ。

大阪ガスセキュリティサービス株式会社では、警備員の駆け付けサービスやガス導管の保守など、安全安心な暮らしを支えるサービスを提供しつつ、日々安全運転の徹底も欠かさない。同社の取り組みを紹介しながら、企業における安全運転意識の向上というテーマについて考えていきたい。

駆けつけ警備と安全運転、日々のコミュニケーションが重要

――まずは御社の事業内容について教えてください。

若松氏:弊社の事業内容は、セキュリティ・緊急通報・警備防災・ガス導管保全・賃貸マンション管理があります。さらにセキュリティ事業はホームセキュリティやマンションセキュリティ、事務所や店舗向けの業務用セキュリティなどに分かれており、通報に応じて現場へ向かう「駆けつけ警備」を行っています。

――多彩な事業展開ですね。若松さんと細野さんはどのような業務にあたっているのでしょうか?