1. ホーム
  2. 会社情報
  3. CSR・環境保全活動
  4. 環境保全活動
  5. 環境経営

環境経営

環境経営

デンソーテングループ エコビジョン

Ⅰ.コミットメント(~2050年)

デンソーテングループは、環境と経済の両立が経営の重要課題と認識し、全ての企業行動を通じて、環境・エネルギー問題の解決と自然との共生を図り、人と車と環境のよりよい関係づくりを推進します。 また社会が直面する重要環境課題に果敢に挑戦し持続可能な地域・社会に向けた、新たな環境価値を創造し、地球を守り、次世代に明るい未来を届けます。

コミット2050:温室効果ガスの人為的な排出と吸収のバランスを達成する(ゼロエミッション)

Ⅱ.環境方針(~2025年)

ターゲット3 基本方針 コミット2025
エネルギー1/2 地球温暖化やエネルギー・資源問題を解決する技術で,地球環境の永続的な維持に貢献します。
  • 車のCO2半減に貢献
  • エネルギーハーフ推進
クリーン×2 全てのステークホルダーの皆様に安心して頂けるよう,順法はもとより,継続的改善を進め社会と共に成長する企業であり続けます。
  • 有害化学物質、廃棄物・水使用量の半減を推進
  • 自動車の排出ガス低減技術の開発
グリーン×2 豊かな自然を次世代に引き継ぐため,自然との共生を目指した企業活動を通して,自然の叡知・恩恵を分かち合う社会を実現します。
  • 環境に貢献する事業の推進・製品開発
  • 緑化の推進
カテゴリ 具体的な取り組み内容
エコプロダクツ(事業・製品領域)
  • 車の燃費向上に寄与する環境貢献事業・技術開発ならびに製品環境配慮設計を推進します。
  • サプライチェーンを通じて製品の含有化学物質管理を徹底するとともに、グローバルな規制動向を早期に把握し規制物質の自主的な切替対応を推進します。
エコファクトリ(工場・物流領域)
  • 脱炭素社会実現に向けたエネルギー効率の向上、地球温暖化対策を推進します。
  • 循環型社会への貢献に向け、3R(Reduce/Reuse/Recycle)徹底により、排出物削減、リサイクル率の向上に努めます。
  • 各国各地域の水環境事情を考慮した水使用量削減活動等を推進します。
  • 有害物質の環境リスク低減と使用削減対策を推進します。
  • 生産の上下流におけるグリーン物流を推進します。
エコフレンドリー(人とくらし)
  • 社員一人ひとりが「地球環境の維持」にこだわり、使命をもって持続可能な社会を目指した行動を自ら実践していけるよう、環境教育を充実します。
  • 家庭でも節電やエコドライブにつとめエネルギー使用を削減します。
  • 生物多様性保全の活動を含めた地域・社会への環境貢献活動を推進します。
エコマネジメント(しくみ・情報発信)
  • 環境マネジメントシステムを継続的に改善し、マネジメント手法のブラッシュアップに努めるとともに、環境経営の基盤強化ならびに環境価値創造に努めます。
  • 環境リスクをミニマム化し、あらゆるステークホルダーへの積極的な情報発信を行います。

環境取り組みプラン

エコビジョンを達成するための直近の活動計画として環境取り組みプランを設定し、取り組みを進めています。

第8期環境取り組みプラン(改訂版:2016年度~2020年度)

2016年度から2020年度の5か年を活動期間とする「第8期 環境取り組みプラン」では、製品の環境負荷削減や環境貢献製品の開発とともに、事業活動全体での環境負荷削減に従業員一丸となって取り組み、人とクルマと環境のより良い関係づくりを推進します。

第8期環境取り組みプラン[PDF]

第7期環境取り組みプラン(2013年度~2015年度)

2015年度を最終目標年度として2013年から活動を展開した「第7期 環境取り組みプラン」は、すべて目標を達成しました。

第7期環境取り組みプラン実績[PDF]

推進体制

デンソーテングループでは、全社の環境経営課題を審議する地球環境委員会のもと、テーマごとに5つの分科会を設け、活動を推進しています。また、ISO14001グローバル統合認証を取得し、従業員10名以上のグループ全拠点*で環境活動を推進しています。

*2019年6月末現在、デンソーテンと国内連結子会社3社、および海外連結子会社23社の計27社58拠点

推進体制

ISO14001/OHSAS18001認証範囲 [PDF]